37signalsのDHHさんインタビュー(WEB+DB PRESS誌評)

SPONSORED LINK

Pocket

WEB+DB PRESSで37SignalsのDavid Heinemeier Hansson(DHH)さんのインタビューが載っていた(インタビューアーは小飼弾さん)。

37signalsと言えば「小さいことに価値がある」という信念のもと、スタイリッシュでシンプルなツールをリリースし続けている会社だ。実のところ、check*pad他を作るときには大いに参考にさせてもらっている。

そしてDHHさんは37signalsの中心メンバーでRuby On Railsを作った新進気鋭のプログラマーである。

このインタビューが興味深かった。

なぜ小さいことがいいのか、そうなることで社会がどう良くなるのか、などといったことを実にうまく語っていた(小飼さんの質問も絶妙だ)。

印象に残ったのはDHHさんの次の言葉。

たとえば300人いるとしたら、我々でそれを抱えるのではなく、30個くらい会社を作ってそれぞれが行動すればいいんじゃないかな。そしてそういうやり方がうまくいくことを世に問うほうが、世の中のためになるのではないかと思う。

無論、ウェブ上のサービス開発という業界に限られるが、もっとたくさんのシンプルで便利なツールが出てきて欲しいと思っているので大いに共感できた。

ここらへんの考え方は「Getting Real」というPDF本(有料)になっているのでご興味のある方はどうぞ。英語ですが・・・。

Getting Real: The smarter, faster, easier way to build a successful web application

またそれもいいですが、個人的には1999年ごろに37signalsが表明していた「The 37signals Manifesto」がおすすめ。示唆に富む37個のシンプルなコラムです。センスいいですよ。

なんだか日記風のエントリーになってしまったが、37signalsはやっぱりいいなぁ、と思ったので書いてみた。それだけ。

それから最近開発っぽいことをやっているのでそうなのかもしれないがWEB+DB PRESSおもしろいですね。執筆陣もいつも豪華だし。そっち方面の方にはおすすめです。

WEB+DB PRESS Vol.34
WEB+DB PRESS Vol.34

posted with amazlet on 06.08.23
WEB+DB PRESS編集部
技術評論社 (2006/08/24)

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.